TOP > FX会社の選び方 > 少額から取引できるFX会社を選ぶ!

少額から取引できるFX会社を選ぶ!

株式投資の場合、銘柄ごとに売買単位(単元株数)を
証券取引所があらかじめ決められているので、
どの証券会社でも同じ売買単位で購入することになります。

例えば、トヨタ自動車の売買単位(単元株数)は100株なので、
購入するときは200株、500株など100株単位の購入となります(ミニ株は除く)。

しかし、FXの場合は、FX会社が売買単位を決めているので、
FX会社によって売買単位が異なっています。

1通貨単位という最小単位で取引が可能なFX会社もあれば、
1,000通貨単位や10,000通貨単位のFX会社もあります。

多くのFX会社では1,000通貨単位、もしくは10,000通貨単位を採用しているので、
基本はどちらかとなりますが、どちらを選ぶかによって
取引単位は10倍も違うということになります。

例えば、仮に米ドル/円が100円として証拠金率が4%の場合、
取引単位が1,000通貨単位であれば必要な最低証拠金は4,000円となります。

100円 × 1,000通貨 × 4% = 4,000円

しかし、取引単位が10,000通貨単位であれば、
必要な最低証拠金は10倍の40,000円です。

100円 × 10,000通貨 × 4% = 40,000円

資金力があれば、さほど気にすることではありませんが、
そうでなければ、まずは取引単位が小さいFX会社を選ぶことをおすすめします。

※関連記事:取引単位を比較

FX会社ランキング!

FX会社かんたん比較!

  • コスト重視で比較!

    一目瞭然!取引手数料とスプレッドに特化して徹底的に比較しているので、コストの安いFX会社が一目で分かります!

  • スワップポイント重視で比較!

    各通貨ペアのスワップ合計を
    比べるからこそ分かる
    本当にスワップの高いFX会社!

  • 主要な指標で比較!

    取引単位や取引手数料など口座開設時に比較しておきたい指標をまとめて一発比較!

FX基礎知識

FX会社の選び方

FXコンテンツ

運営元情報 | サイトマップ
Copyright(C) 2013 FXスマートサーチ! All Rights Reserved.
PAGE TOP↑