TOP > FX基礎知識 > 為替レートの読み方

為替レートの読み方

1ドル=99円10銭から14銭で取引されていますというニュースを
よくよく視聴しますが、これはどういう意味なのでしょうか?
これは重要なので、ご存知じゃない方は是非ご一読されることおすすめします。

売値と買値を示しています!

これは99円10銭から14銭の間で取引されているというわけではなく、
売値が99円10銭買値が99円14銭だという意味です。

しかし、これはインターバンク市場でのレートなので、
実際に個人や企業がそのレートで取引することは出来ませんが、
金融機関同士ではこのレートが採用されます。

そして銀行やFX会社では、
買値と売値からTTM(仲値)という基準の値段を決定します。

例えば、あるFX会社が今回の1ドル=99円10銭から14銭というレートから、
TTMを99円12銭に設定したとします。

そのFX会社で1ドルに交換するための手数料が3銭だった場合、
TTMに3銭上乗せした値段の99円15銭を顧客にとっての買値(TTS)とし、
TTMに3銭マイナスにした99円09銭を顧客にとっての売値(TTB)となります。
(FXではTTSをAsk、TTBをBidと呼ぶのが一般的です)

このときの99円09銭と99円15銭の差の6銭をスプレッドといい、
FX会社を選ぶ時に、このスプレッドの安さが重要なポイントとなります。

FX会社ランキング!

FX会社かんたん比較!

  • コスト重視で比較!

    一目瞭然!取引手数料とスプレッドに特化して徹底的に比較しているので、コストの安いFX会社が一目で分かります!

  • スワップポイント重視で比較!

    各通貨ペアのスワップ合計を
    比べるからこそ分かる
    本当にスワップの高いFX会社!

  • 主要な指標で比較!

    取引単位や取引手数料など口座開設時に比較しておきたい指標をまとめて一発比較!

FX基礎知識

FX会社の選び方

FXコンテンツ

運営元情報 | サイトマップ
Copyright(C) 2013 FXスマートサーチ! All Rights Reserved.
PAGE TOP↑