TOP > FX基礎知識 > 円安・円高とは?

円安・円高とは?

2008年の金融危機以後ずっと円高状態が続いていましたが、
2012年夏以降円安傾向にあり、当時の為替レートは1米ドル=80円前後でしたが、
2013年9月現在、1米ドル=100円前後で取引されています。

ところで、円安・円高とはどういう意味でしょうか?

円の価値を示すもの!

円安・円高というのは円の価値のことを言っており、
円の価値が低くなれば円安、円の価値が高くなれば円高と言います。

例えば、現在米ドル1通貨が100円だとします。

仮に100円から105円に値上がりした場合、
一見価値が上がったように見えますが、
1ドルを手に入れるために100円で充分だったのが105円も必要になったので
ドルの価値が上がったのに対して、円の価値が下がったことになり、円安と言えます。

反対に、100円から95円に値下がりした場合は、
1ドルが5円安く手に入ることになったので、
ドルの価値が下がったのに対して、円の価値が上がったことになり、円高ということが出来ます。

トヨタ自動車の場合、
為替レートが1円変動するだけで営業利益が数百億円変動するらしいので、
円安に動くか、円高に動くか、些細なレートの変動も極めて重要なんですね。

FX会社ランキング!

FX会社かんたん比較!

  • コスト重視で比較!

    一目瞭然!取引手数料とスプレッドに特化して徹底的に比較しているので、コストの安いFX会社が一目で分かります!

  • スワップポイント重視で比較!

    各通貨ペアのスワップ合計を
    比べるからこそ分かる
    本当にスワップの高いFX会社!

  • 主要な指標で比較!

    取引単位や取引手数料など口座開設時に比較しておきたい指標をまとめて一発比較!

FX基礎知識

FX会社の選び方

FXコンテンツ

運営元情報 | サイトマップ
Copyright(C) 2013 FXスマートサーチ! All Rights Reserved.
PAGE TOP↑